加筆の目的が自分なり達成できたので、筆を置いて「完成」と言うことにしました。 眺めていると、また細かい所に色を乗せたくなり、キリが無くなるので「終了」。

ポルトの屋並 SMサイズ
ポルトガル北部の州都 道路河畔にはワイン蔵や民家が屋根を連ねています。
右側にはドウロ河がゆっくりと流れ、対岸の古い街並を眺めながらのワインが、
何とも心地よく喉を潤してくれます。
今年はここへ行く予定です。

💛ご覧いただき、ありがとうございました。  Bumpei

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。