鯛の昆布じめ!の刺身&手巻き。
 水曜日、何時もの様に魚の行商おじさんがクラクションを鳴らして我が家の横を通って行ったのですが、仕事中だったので買いに行けず。>-<;;
描いていたら、おじさんのクラクションが! 今日、金曜日も来てくれていたんだった!  連れ合いが、飛んで行ってくれました。 そして、日本から持ってきた北海道日高の昆布で「鯛の昆布じめ」を作ってくれました。
 いつもより早く夕飯と言うことにして、「昆布じめ」を・・・Sedaの白ワインで!
 「う~ん・・・、最高!」 私は普段あまり飲まないワインですが、今日は別!^-^;
ビールの後はじっくり白ワインで鯛の握りと、手巻き。 
 意外だったのが、手巻きにちょっとセロリの葉を乗せて食べると、オオバ(が無いので)とはちょっと違った、シャープな感じで、これまたいけました。

💛ご覧いただき、ありがとうございました。  Bumpei

2 件のコメント

  • いいですね~魚の行商人が来るとは、私もポルトガルへ移住したくなりました。

    • 魚の行商も面白い事ですが、面白い事山ほどありますよ。 まあ、文化の習慣の違いでストレスも結構ありますが、それらも全て受け入れて、愉しく過ごしています。
      いつかは日本へ変えいますが、元気な内は頑張って、この暮らしを続けたいと思っています。^-^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。