我が村の近隣は栗栽培が盛んです。 昨年、あるカフェのママさんが、「秋には栗祭りが有るんだよ。」、と教えてくれたので今年はどうなるのかなと聞きに行くことに。(昨年は今の時期、日本に帰っていました。)
 気持ちの良い空気の中をゆっくり走るドライブは最高です。 ユーカリ林の道を抜け、なだらかな山道を走り、栗畑を左右に観ながら・・・。

 山に囲まれた小さな集落のカフェのママさんに、「今年は栗祭りはあるんですか?」と尋ねると、肩をすくめて「・・・、マルヴァオンならあるかもしれないけど・・・。」と。えっ、この集落ではないんだ。 マルヴァオンも良いが、小さな村の方が面白いのにな~。 ちょっとがっかり。

 コロナの事もあるし、仕方ないか。  
それにしても、このカフェはすばらしい。 店の向かいの敷地にポツンポツンとテーブルと椅子が置いてある。 テーブルも椅子も全部寄せ集め。 座ったら、背もたれがポロっと落ちました。^-^
 テーブルの後ろには大自然が広がっています。 山、畑、種々の樹・・・。
 カフェクルトの味が倍増。(本数を減らした)タバコが一段と美味しいのです。
 
 栗祭りがないのは残念でしたが、帰りもゆっくり小さな集落を廻って、秋を実感してきました。

一部ですが・・・

💛ご覧いただき、ありがとうございました。  Bumpei

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。