この風景はあの日で一番気に入ったOuguelaの風景でした。廃屋なので当然なのですが、さみし気で・・・・・
でも、朽ちた城壁に囲まれながらも、それほど大きくない一本の樹と共に凛とした雰囲気がありました。
そして、Elvasで転ぶ直前のラスト一枚がこのOuguelaとてもよく似ていたのです。 油彩用にとこの風景を撮って、低い所へヒョイととんで降りて骨折してしまったのです。 
 退院して画像を整理していて、「なんかこの二枚の風景、似てるな~」って不思議な感じしてきました。

やっぱり腰の辺りがあたりが痛くなってきて、終わりの方は集中力が無くなってきました。 (言い訳)^-^;;;

💛ご覧いただき、ありがとうございました。  Bumpei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。