カステロブランコの路地

メキシコの映画でよく観たサボテンみたい。

アレンテージョ地方の北部なのに、右のような大きなサボテンやうちわの様な分厚いサボテンをよく見かけます。

Castelo Brancoの路地/F3号
この界隈は殆どが誰も住んでいないようだ。
ちょっと寂しい空気が流れている。
でも、歩いていると楽しい。良い題材が見つかりそうだから。^-^;


彩色前はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。