私にとって、「憧れの」フランス、「親しみの」ポルトガル・・・と初めの頃の記事に書きましたが、やはり沢山描いていたのです。

まだまだありますので、日本にいる間にアップしていきます。^-^

💛ご覧いただき、ありがとうございました。  Bumpei

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

3 件のコメント

  • 遅くなりましたが、おめでとうございます。
    「フランス」「ポルトガル」と来れば、「青春の日々を過ごした日本」も入れてもらいたいですが。
    いかがでしょうか?もっと良い言い方があればよろしく。、、

    • ありがとうございます。
      実は今日、このあたりで、日本の(旧作ですが)作品をアップしたいなと思って、いろいろ未整理のファイルをパラパラと見ていたところでした。
      吉岡さんもご承知の様に、描き始めたのが40歳の時、「青春時代」は絵を描くことなど頭の片隅にも無く、適当に仲間と飲んで、ゴルフして日々ぼんやりと過ごしていました。^-^;

       ポルトガルで暮らすようになっても、やはり私にとって、日本があっての海外、ポルトガル、フランスです。学生時代からの仲間と友人、そして何より家族が居てくれる日本が好きです。
      ご要望にお応えできる作品ではないかもしれませんんが、アップします。

  • 「偶然も必然」。私には、先生の日本の風景は、絵を描き始めたころで、あの展覧会で描きたい絵に巡り合ったのです。
    おかげでこの年まで、退職後も退屈を知らず25年過ごせました。日本の作品のアップを期待しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。