本当にありがたい事だ!

ガスボンベが空になったので、ガス屋さんの電話番号を聞きにジョアンのカフェへ。
たまたま、アントニオが居た。彼は先日修理屋さんへ連れて行ってくれたおじさん。「車屋さんから電話はあった?」とアントニオが聞いてくた。 「いや、何も連絡はないよ。」と私。「じゃ、一緒に見に行こうよ。後で玄関をノックするから・・・。」とカフェを一気に飲んでジョアンは一旦家へ帰りました。今日連絡が無かったら、電話でどう言おうかと考えていたところだったのです。

予定を延ばされて、「どうなってるんですか?? 予定は今日でなかったのですか!?」ときつく言うのも今後のことを思うと良くないし、かと言って何も言わず「・・・よろしく・・・」ではこちらのイライラ気持ちが伝わらないだろうし・・・。
アントニオの親切に感謝。

「ありがとう。」なんてめったに言わない。

ジョアンの店でのカフェを飲んで、家で待っているとアントニオは直にやってきてくれました。  ついでに買い物をしたいので、スーパーにも寄ってもらうことをお願いした。
「ガスボンベも帰りに寄って買えばいいよ。」とジョアン。「ありがとう。アントニオ。」、「みんなアミーゴ!だよ。」とアントニオ。(^-^)

修理屋さんはちょうどお昼を食べていたので、先にスーパーへ。 アントニオも途中のガソリンスタンドで新聞を買った。お礼という程でもないが新聞代は私が。 こちらの人は、例えばビールやコーヒーをおごったくらいで「ありがとう。」なんて言わない。
黙って新聞を受け取ってくれる。さっぱりしていていい。
そんなポルトガルの文化ですが、また後日、改めてお礼はしようと思っています。

さ~て、修理の様子は?

私の車は駐車場に出ていない。と、うことは完了してないということだ。>-<;;場内へ入っていくとボンネットが開いていた。 ただいま修理中!だ。
社長のマルソがやってきた。「明日の朝は無理だから、午後に取りに来てくれ。」と!
「やった~!」と叫びたいくらいだったが、「OK. 明日の午後ですね。」と軽く返事。

予定より一日遅れたがもう大丈夫だろう。
アントニオが「明日、また一緒に取りに来よう。」と言ってくれた。
一旦食材を家に置いて、空になったボンベと(接続口が異なる前から持っていた)ボンベも、「交換してくれるから・・・」と持っていくことに。(予備のボンベはガス代とは別に50ユーロ位。返せば返金してくれるシステム)
城下のカフェ兼ガス屋さんへ。2本で50ユーロ。

これで夕食もお風呂もばっちり。アントニオにお礼を言って「じゃ、あしたまた・・・。」
感謝、感謝です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。