アレンテージョ地方はコルクの林が一杯!

コルク樫の形は色々。お国柄と同じように枝ぶりは自由に延び延びと。
ところが、何故だかは判らないのですが、(聞こう、聞こうと思っているのですが、忘れたまま^-^;; )広~い牧草地にポツンととても形の良い樹が在るのです。 
お椀を伏せたように! 剪定でもしているのかなと思うのですが、そんなことポルトガル人がするだろうか??^-^;
車で通りががっても、危なくて停まれないので、なかなか撮れないのです。
宣言が出て、車もぐっと少なくなっていたある日、出遭ったのです。大好きな形のコルク樫に!

Evora郊外で・・・

これらのコルクは樹皮を剥がされません。

以前に住んでいた村の黒豚達です。

これらのコルク樫の実(どんぐり)は黒豚のご馳走になるのです。

ポルトガルにも美味しい「イベリコ黒豚生ハム在り!

ポルトガルもイベリア半島にあります。

でも、「イベリコ黒豚」、「生ハム」と言えば先ずスペインと思うのが普通でしょう。 いえいえ、ポルトガルにも美味しい黒豚さんの生ハムが在るのです! 
黒豚達の餌になるコルク樫はポルトガルに大量に在るのです。(細かいことは知りませんが・・・)

「だって、俺たちの分がなくなるよ。^-^;」

過日、友人をワインセラーへ案内したときの事です。
友人が、「こんなに美味しいワン、何故もっと日本に輸出しないのですか?」と。
「俺たちが飲むワインが無くなったら大変だから・・・ 」と半分真面目顔で担当者。

と言うことで、スペインに負けない位美味しい生ハムも、同じ理由であまり見かけないのかもしれませんね。^-^

久しぶりに「ポルトガルの黒豚」の霜降が食べたくなってきました。^-^


3 件のコメント

  • ドングリが黒豚のご馳走だったのですね。そしてその豚達に手を加えて人間どものご馳走に。これも食物連鎖。

    • 出かける度に見かける羊達も、牛も、山羊も、皆私達人間のために居てくれるのですね。 彼らは毎日毎日、同じメニュー(牧草)を文句も言わないで美味しうに食べています。
      神様(特定な宗教信者ではないですが)、自然は本当にいろんな物を造ったのですね。コロナヴィールスも・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。