登り坂はそれほどでもないのですが、、、

 下り坂は側面の角度に気を付けないと下がって見えないことがあります。
側面のドアや窓の横線の角度が大切です。 鉛筆を目線の高さに水平に持って、それらの角度を確かめたから描くようにしています。( 私も時々、慌てて描いて、「間違った~!」ってこともよくありますが、、、、)

 この絵では中央の道の下の玄関と壁の薄茶の角度です。

F3号/Castelo de Vide
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

💛ご覧いただき、ありがとうございました。 Bumpei Takahashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。