目的地に辿り着けなかったのです。

 ネットで調べて、ある町のローマ橋の袂のレストランでお昼をと思って出かけたのですが、橋はあったのですが、そこではなかったのです。
折角だからそのローマ橋を見ようと行ってみたら、通行禁止になってしまったようで途中でUターン。
近くの村のカフェで尋ねたら、「ここから25km南のフロンテイラ村ですよ。」と。
そして行ってみたら、確かにローマ橋とレストランはあったのですが、ここは以前来た事があったのです。>-<;;

雲行きがおかしくなってきたし、諦めて・・・

お腹が減ってきたので、途中のMonforte村で軽いお昼を撮ることに。
ひょっとして今日はポルトガルの国民祝日、お祭りをやってるかもしれないと淡い期待をもって、向かったのですが、残念でした。

でも、美味しいスープと感じの良いマスターに出遭えた~!

数年前に一度着たことがあったのです。祝日で他の店は殆ど休みでしたが、営業していて助かりました。
早速、ビールとスープとミックスホットサンドを注文。
ちょっと話しかけたら、マスターはガンガン話してきました。この店に日本人が来たのは初めてだよと。(前に来た時は居なかったのかな?)
「日本人は旦那が注文をするんだね。^-^ ポルトガル人は奥さんが注文し、旦那が払うんだよ。」と。
とにかく安くて、美味しかった!  奥さんもとてもいい感じでした。
また来たい店になりました。
一緒に写真を撮って「また来ます。」と。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。