Ameira do Tejo

初めての村です。 やっぱりわくわくドキドキ。
テージョ河に近い小さな村です。今まで気づかずに、すぐ近くまで行っても通り過ぎていたのです。^-^;
お城の前の駐車場に車を停めて、いざ・・・。
いつでもそうですが、村へ着くと先ず一服です。 2,3件のカフェは在ったのですが、それらはパスしてとあるカフェへ。看板やテントは出ていませんでした。 店の入り口の前で、お兄さんたちがタバコを吸っていたので、「ここはカフェ?」と聞いて、入ってみることにしたのです。

先ずはビール頂き、ついでにお昼のお弁当も。ここでいただくことにしました。 

高橋文平 ポルトガル通信さんの投稿 2020年8月10日月曜日

お昼を頂いた後、二人のご婦人が通りかかり、村の様子や子供さんたちが皆、リスボンへ行ってしまって・・・・等々の話で盛り上がりました。
お二人ともここで生まれ、ここで育ち、結婚、育児等々静かに平和に暮らしてきた・・・・^-^と。

💛ご覧いただき、ありがとうございました。  Bumpei


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。