山城、朝の散歩

周囲は山、日の出は遅い。

我が村の日の出は隣の山からなので、あまりぱっとしないし、遅い。
夕陽はまだ見に行っていないが、きっときれいに見れるはず。(後日、アップします。)朝食後、カメラをもってぶらぶらと出かけてきた。城下のカフェまで焼き1キロ。
朝露が光っている。 花が咲いている。 羊も居た! 
今までの家はどこもすぐそばに羊がいた。ときどき開けていると玄関から入って来そうに顔を突っ込んでくる。
この村にも居た!何だか嬉しくなった。 たくさんの子羊が誕生していた。この寒い時期に出産ラッシュなのだ。 どの子羊も1週間ほどかな。

途中、ご婦人の育てているバラを撮る。寒い中まだまだ蕾もある。ちょうどご婦人が出てこられて「おはようございます。バラが素敵ですね。」と声をかけると、嬉しそうに微笑んでくれた。

20分ほどで、カフェ着。ママさんが「元気でしたか?」と。
紅茶を注文。最近節煙しているがタバコが美味しい。

帰りの坂がけっこう疲れる。^-^

朝の良い散歩だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。