F3号/Castelo de Vide
花に埋もれたベンチ^-^;

ここはこの時期花が山盛りなのです。

ぐるりと絵になる風景ばかりなので、半分ほど花達に占拠されたベンチに腰掛けて、「もう一枚」と思ったのですが、ベンチが太陽に照らされてチンチコで、中止。

ベンチから見える景色の一部です。
左の景色を後日描こうかなと想っています。

ワンちゃんは我等を覚えていてくれました。

ここへは70日ぶりくらいで言ったのに、ワンちゃんはおぼえていてくれました。
初めて会った時は、ものすごい勢いで吠えたのです。 もう、しっかり安心して歓迎してくれたのです。^-^
 私が(この絵ではないです。)描きだすと、やってきて、隣に座り込んでず~っといました。(絵は見てくれませんでしたが・・・。)
 描き終わったら、行ってしまいましたが、また来てくれたので、パチリ。

今度行ったら、名前を聞いておこう。^-^

もう一枚、描きたかったのですが、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。