気分が乗ってない。

「きっと、うまく描けないだろうな~。」なんて思いながら彩色を開始始。
川の流れはほとんど無く、川面には鏡のように、景色が映り込んでいました。(写真ではきれいに見えるのですが、絵としてはあまり好きな情景ではないです。)

そして、以前にも描いて、買っていただいた作品が頭をよぎるのです。
「あれは、(何も考えることなく)思うように描けていたな~。あの様に描けるかな~?・・・」なんて思いながら。 
駄目ですね。そんなこと考えながら描いていては!!>-<;;

折角描いたので、アップします。

F3号/Fronteiraのローマ橋
右の樹はまあまあなのですが、川面が・・・>-<;


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。