カステロデヴィデ (Castelo de Vide) F3号

友人を案内すべく丁度紫陽花の時期という事もあってこの街へ。  一本曲がるところを間違えて、いつもの駐車場に辿り着けず、城壁の外に車を停め、歩き出したのです。 
暑い最中、道を尋ねながら、行ったり来たり。  それが却って楽しかったと言ってくれた友人。 我等も何十回と来ているこの街だが、初めての小路に遭遇、感激。
暑さも忘れ歩き周り、お陰で美味しいビールも飲めました。^-^;

💛ご覧いただきありがとうございました。   BUMPEI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。