F6の彩色は疲れます。^-^;

2度休憩をしてやっと完成。 描いていて何故つかれるのか?
油彩画と違って、水彩は失敗が許されないからです。持続集中時間は最近短くなってきました。昔は1時間くらい平気だったのですが、今は30~45分、F3号なら一気に仕上げてしまいますが、倍の6号はそうはいかなくなりました。^-^ (まあ、時間はたっぷりあるのですから、休憩しながらゆっくり描けばいいのです。^-^;; )

お洒落な2cvは我が村にもお似合い!

フランスやイタリアで出遭う2cvは実に景色に映えて居ます。どこに停まていても絵にしたくなります。 全然お洒落ではない山城の我が村ですが、けっこう2cvとお似合いな気がしていました。 2cvを充分に惹きたててくています。^-^
きっと、2cvを愛している人たちは我が村のような村も好きなんでしょうね。^-^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。