この頃は日本の経済も良かったな~。 とある画廊さんに招かれて沢山描かせてもらいました。
 「今日は摩周湖を・・・」と言われ、車で連れて行ってもらったのですが、到着しても一面霧。何も見えませんでした。 仕方なく茶屋でコーヒーを飲みながら、霧が晴れるのを待って居ました。
 根気よく待ってたら、突然「わ~~」っという歓声が聞こえてきました。私もスケッチブックをもって外へ。 早速、柵の前で描き始めたのですが、柵を超えての人だかり。 前が見えなくなり、私も下の方へ降りていく羽目に。何も見えなかった霧の世界から、一瞬にして現れた摩周湖には大感激でした。
 北海道取材の一部ですがアップしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。