青いドアと石積みの家

 近くで取れる石をそのまま積み上げて造られた家。 そこに青系で統一されたドアと窓。 村全体に一体感を感じるが、個性も同時にある。どの家も飛び抜けての「我」は無い。 落ち着いた山間の村。

 何故、青なのか? ネットには、”昔この辺りでは自然から採れる色が青しかなかった。”と。  青で良かった。^-^

F3号 / Piódão

 入り口の上に・・・

 所説あるようですが、これらの十字架は魔除けの様です。
昔、夜になると獣が村民を襲いにやってくるので・・・。
色々な天災から守ってもらうために・・・。
 信心深いポルトガル人ならではですね。 手作りの十字架がいいな~。

古い家にはこんな十字架がいくつも・・・

💛ご覧いただき、ありがとうございました。 Bumpei

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

突然、40歳の誕生日に趣味のゴルフをやめて、絵を描くことに。 自由に描きたかったので、テレビの講座と本で独学。 酔った勢いで個展を開催することになり、いつの間にか本業の印刷関係の仕事は少なくなり、「絵描き」になってしまった。  毎年、ヨーロッパへ取材に出かけていたが、学生時代に学んだ忘れかけていたポルトガル語を再度生かすべく、2010年ポルトガルの田舎に移住。  天気が良ければ愛車(1999年生まれ)ポンコツルノー・クリオで取材に。 スペイン、フランスにもクリオを走らせる。 のんびり、ゆったりと暮らしながらポルトガルを中心にヨーロッパの風景を描いています。